浅見佳子・瀬川千津子・宮里暁美・横山草介
子どもからはじまる保育の世界 価格: 1,900円+税

保育の現場経験が豊富な執筆者により理論を現場の視点でとらえた保育のテキスト。保育の原点を学び、子ども一人一人に目を向けた丁寧なかかわり方や子どもを尊重した保育の重要性を解説。子ども一人ひとりが自己実現できるような保育の在り方を考える。
兼子仁
行政書士法コンメンタール(新9版) 価格: 2,400円+税

改正を重ね、発展している行政書士法に関する第一人者による最新のコンメンタール。重要資料を多数集録した逐条研究による最先端の実務的法解説書として、行政書士とその受験者にとっての必携の新書。2017年5月施行の不動産登記規則改正を踏まえた新9版。
有田亘編著 松井広志編著 ケイン樹里安・妹尾麻美・木村絵里子・上原健太郎・阿部卓也・橋志行・打越正行・鈴木恵美
いろいろあるコミュニケーションの社会学 価格: 1,900円+税

友だちとLINEする、動画サイトを視聴する、部活動に励む、恋愛する…。「いろいろある」身近な日常の出来事を社会学という眼鏡を通してみると、これまで気付かなかった様相や意味が見えてくる。社会を豊かに読み解く目を養うとともに、社会学の幅広さを示したテキスト。
「第1部・レクチャー編」は講義用教材を想定して多様な事例を解説、各章末にはSNS風の「授業コメント欄」を掲載。「第2部・実践編」はアクティブラーニングやフィールドワークへの応用を踏まえて社会学を学ぶ「作法」を提示し、各章末には課題コーナーを設置。「第3部・卒論サムネイル」では、筆者らが指導してきた実際の卒業論文を素材として、知識や実践課題がどのように最終成果物となるかイメージを提供する。各章4ページとミニマムかつビジュアルも多く、楽しみながら社会学が学べる画期的入門書。
横坂健治
憲法と市民社会(増補版) 価格: 3,000円+税

人生と法律の関係を様々な社会状況の中で考察。単なる憲法解釈や法律文言の説明にとどまらず、市民、国民生活としての実態を基に、家族、犯罪、裁判、行政や社会に即した法的議論を展開したテキスト。補論「女帝論をめぐる憲法的分析」「憲法と民主主義」を加え増補版。
全員集合!を生み出す6つのリテラシー
石井大一朗編著 霜浦森平編著 藤井多希子・田中求・桑島英理佳・土崎雄祐・徳田太郎
はじめての地域づくり実践講座 価格: 2,000円+税

人口減少社会における地域づくりに必要な視点と手法をわかりやすく解説するガイドブック。1960年代以降の日本における地域づくりの流れをおさえた上で、オープンアクセスな人口データで地域の未来を見通す方法、対話を育むファシリテーション術、主体形成プロセスの技法など、6つのリテラシーを実例をもとに解説。住民自治組織のイノベーションや都市農村交流など最新事例も。章末のQ&Aも必読。
青木智子編著
医療と健康のための心理学 価格: 2,100円+税

心理学の入門書。トピックスやケースで医療の現場や健康管理を主眼においた事例を解説。心理学の理論と実践がよく理解できる入門書。
生徒理解、キャリア教育、そして学校危機予防まで
渡辺弥生編著 西山久子編著
必携:生徒指導と教育相談 価格: 2,100円+税

発達心理学、発達臨床心理学をベースにした生徒理解、Lifelong Developmentの視点で編まれた生徒指導と教育相談のテキスト。事例や方法をわかりやすく説明し、最新の研究も紹介。
遠藤伸子編著 成川美和 編著
学校の事例から学ぶ フィジカルアセスメントワークブック 価格: 2,300円+税

フィジカルアセスメントの事例検討を内科編・外科編とに区分し、各事例をとおして、情報収集項目とアセスメントから次の段階、そして最終判断へと導けるようなスキルを鍛錬することを目的としてフィジカルアセスメントをリアリティに学べることをねらいとした実践的なワークブック。
教育社会学入門
住田正樹編著 高島秀樹編著
変動社会と子どもの発達(改訂版) 価格: 2,100円+税

教育社会学のテキスト。子どもの発達過程に焦点を絞り、発達過程に関わる基礎知識の習得を目的に、子どもの発達過程に関する基本的な考え方について述べ、次いで子どもの発達をめぐる現代的状況と子どもの問題行動について論考した。公的統計資料や教育政策の動向を踏まえ、内容を更新した改訂版。
田沼茂紀
未来を拓く力を育む特別活動 価格: 2,100円+税

教職課程の学生、教師向けに平易に編んだ特別活動のテキスト。
知育・徳育、さらにそれらの基となる健康・体力の増進等、諸々の資質・能力形成の視点を含んだ、特別活動の教育的意義と基礎的な知識・スキルを学ぶ。

AmigoDatabase - 管理