仲島陽一
ルソーと人間の倫理 価格: 2,800円+税

加速化し、深刻化する人間らしさの消滅。思想的には、新たな「人間機械論」「自由意志否定論」が論点となり、社会思想においても「市場主義と自己責任論による新たなアナーキズム」と「快最大化の解を導出する社会工学」が重視される。本書はこうした状況や思想に対抗する「ヒューマニズムの倫理」を展開する。
ルソーは近代社会の「人間疎外」をはじめに理論的に解明し、その克服の道を示した思想家である。それは歴史的にも今日的にも大きな意義を持つ。ヒューマニズムと民主主義との一体性の観点から、いま新たに『エミール』を読み解く。
宮田 穣
ネット時代の手紙学 価格: 2,300円+税

現在にも生きる手紙の魅力とは何か。なぜ手紙は生き残り続けているのか。手紙コンクール、文通、絵手紙などいまも生き続ける手紙の世界を紹介しつつ、これからの時代の中で手紙がどのような意義をもつのか、「コミュニケーション価値」を手がかりに改めて吟味する試み。
原信夫・井上美鈴編著 小栗貴弘・松倉佳子・佐藤ちひろ・青木弥生・設楽紗英子・守巧・安西冬樹・磯村陸子・渡邉智之
子ども家庭支援の心理学 価格: 2,100円+税

2019年度新保育士養成課程のテキスト。子どもとその家庭の支援に向けて、包括的理解に必要な基本知識を解説。保育を学ぶ学生のほか、生涯発達や家族・家庭支援、子どもの精神保健領域に関心があるすべての人の学びに役立つ一冊。
細井 香編著
保育の未来をひらく 乳児保育 価格: 2,000円+税

保育士養成課程の新カリキュラムに対応した乳児保育のわかりやすいテキスト。理論解説に現場の視点も盛り込み、キャリアアップ研修、保育士試験対策にも最適。
木下まゆみ
心と付き合うための心理学 価格: 1,900円+税

心理学の知識を日々の生活の具体例をもとに分かり易く解説。いつもと違う角度から悩みや困り事を見て、ちょっと気が楽になる本!
山本聡
法学のおもしろさ[第3版] 価格: 2,500円+税

かちかち山と刑罰、J−POPと社会規範、安部公房と所有、千と千尋の神隠しと契約、サザエさんと家族法・親権法等あらゆる素材を駆使して法とは何かを説く。法学への興味を喚起することを意図とするテキスト。
渡邉譽
日本国憲法 価格: 2,800円+税

オーソドックスな日本国憲法概論書。明治憲法との違いを注視することで現在の日本国憲法の特色を浮彫りにする。
浪本勝年廣田健山口拓史 ほか
ハンディ教育六法[2019年度版] 価格: 2,100円+税

現行教育法のみならず、資料・図表及び年表を充実させ、近現代の教育史上重要な文書や法令、及び教育制度の図表化等で相互関係的かつ歴史変遷的に理解できるよう工夫した教育関係者必携の教育六法。2019年版では、「専門職大学設置基準」、「専門職短期大学設置基準」、「障害者による文化芸術活動の推進に関する法律」を新収録し、また、「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」、「天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律」を収録した。さらに、教育法年表の増補を行った。
田沼茂紀
学校教育学の理論と展開 価格: 2,200円+税

学校現場では、いじめ・校内暴力・授業放棄・引きこもり・自殺など、学校病理と言われる状況が問題化されている。学校教育制度が子供にもたらす影響の大きさは、政治的利用の過去を繙くまでもなく、子供のみならず、国家・社会にとっても看過しがたい。そもそも子供にとって学校とは何か?国家・社会にとって教育とは何か?を根本から学校教育学の視点で見つめ直す。学校教育を作り上げている教育思想・教育原理を振り返り、それを体現する教師教育を視野に、教育課程、教育原理、教師論を展開する。
特別支援教育の理解と方法
松浦俊弥角田哲哉
障害のある子どもへのサポートナビ 価格: 2,000円+税

特別支援教育の基礎について学べる入門書。特別な配慮に関する基礎知識や法令等に基づいた教育についてやさしく学べる。各教育現場の教員や、保育者、保護者などが直面している「障害のある子どもへのサポート」についての悩みをQ&A形式で解説し、各支援現場においてどのような悩みがあるのかも知ることができる。コアカリキュラムに対応し、法令等に基づいた教育をするための学びも充実した一冊。

AmigoDatabase - 管理