対話としての質的研究
伊藤 哲司
新版 みる きく しらべる かく かんがえる 価格: 1,600円+税

質的研究とは何か。基礎知識を分かりやすく、バランスよく具体的に解説すると共に、実践をしながら読み進められるよう編まれたユニークな入門書。
武田 明典編著
自己理解の心理学 価格: 1,800円+税

教養教育としての心理学の基礎的な理解を深めるため、心理学全般の領域のうち、とくに、パーソナリティや発達に関する領域、そして、青年期の大きな課題である恋愛、悩み、就職活動など実生活に関連した領域にフォーカスし、解説。また、理解をさらに深めるための発展的内容を用語解説や QR コード資料として情報提供した学びやすい入門書。
塩ア 尚美編著
実践に役立つ臨床心理学【第4版】 価格: 2,100円+税

公認心理師試験等にも活用できる臨床心理学の基礎知識をわかりやすく概説。さらに、実際の現場で心理専門職としていかにその知識を活かしていくべきか、医療、児童養護、教育現場、司法領域等における事例や具体的支援方法も解説した理論と実践を結ぶ入門書。
養護教諭養成課程
山本 勇 監修 山本 智子
医療的ケア児支援を含む 基礎看護実技 価格: 2,000円+税

学校等において必要な養護および養護教諭に関する基礎知識および看護実技を解説。また、2021年に施行された医療的ケア児支援法をふまえ、医療的ケアの実施体制、学校等で実施される医療的ケア、および移動や食事介助といった生活援助についても、イラストを用いて具体的に紹介。巻末に演習問題付き。看護実習前の学習にも最適なテキスト。
古屋 裕一
[近刊]初期ヴァルター・ベンヤミンの媒質的展開運動 価格: 2,800円+税

ドイツ批評文学を代表するヴァルター・ベンヤミンの、初期における言語論・批評論・アレゴリー論それぞれの基本的構造を明らかにするとともに、これらを〈媒質論〉という、ベンヤミンの思考型の確立に向かう生成過程と捉え、きわめて難解とされる初期諸論文の統一的連関を探る試み。
共存の可能性
船越 一幸
大ドイツの夢と流浪の民ロマ族 価格: 1,900円+税

「ジプシー」と呼ばれ、現代に至るまで様々な迫害を受け続けてきたロマ族。ナチスドイツに虐殺されたこともあまり語られていない。それはなぜなのか? 
ヨーロッパの歴史を繙きつつ、ロマ族の文化やその文化のためにヨーロッパにおいてどのように遇されてきたのかを丹念に解き明かす。多文化は共生できるのか、共存できるのか。歴史を丹念に読み解くことにより、これからの社会のあるべき姿の可能性を探った渾身の書。
茂田まみこ長村さと子楓真知子 絵
あおいらくだ〈新装版〉 価格: 1,800円+税

「きみは ぼくがであってきたらくだとは ぜんぜんちがうね。あおくって なんだかへんてこだ」……。あおいらくだの旅を通して、「違う」ことのどきどきわくわくや、勇気を学べます。LGBTQ、発達障害、外国ルーツの子どもたちなど、これからの多様性への感性を養い、共生社会、インクルーシブ教育の土壌を育む絵本です。(B5上製、36ページ)
田畑 暁生
「平成の大合併」と地域情報化政策 価格: 3,800円+税

地域情報化政策は「平成の大合併」によってどのような影響を受けたのか、また逆に、「平成の大合併」は地域情報化政策によってどのような影響を受けたのか。政治・経済・社会・情報技術などについての情報も盛り込みながら、具体的な事例に即して論述し、情報技術を基にした地域情報化の社会における意味を追求する「社会情報学」の書。
望月雅和編著
子育てとケアの原理〈新版〉 価格: 2,200円+税

「子育てとケア」というテーマを軸として、教育者や保育者が省察的な実践へとつながるように企図された学際的なテキスト。他の領域との連携を見据えて構成されており、新たな学びの視点を提案する。
江戸川大学メディアコミュニケーション学部こどもコミュニケーション学科橋克・大塚紫乃・高根沢紀子・浅川陽子・猶原和子・旭彩希・村上涼・熊田凡子・蛯原正貴・守屋志保・波多野和彦
探究 こどもコミュニケーション 価格: 1,900円+税

保育士・幼稚園教諭をめざす学生へ、保育およびその周辺分野の多様な研究テーマをわかりやすく解説し、学びの視野や可能性を広げる。また卒業論文の執筆を意識し、初年度から論文についてのイメージがつかめるよう、各論文ごとにコラム「◯◯を研究する」を設け、各専門分野の考え方や研究方法などを紹介。保育・幼児教育に関連した学問の広がりと豊かさにふれる一冊。

AmigoDatabase - 管理