パブリックコミュニケーションの世界[改訂版] 粉川一郎著 - 北樹出版の大学教科書

北樹出版の大学教科書

前のページにもどる

パブリックコミュニケーションの世界[改訂版]

パブリックコミュニケーションの世界[改訂版]
叢書 現代の社会学とメディア研究 第5巻
粉川一郎
江上節子
価格: 1,800円+税

商品の紹介

企業・行政広報、市民メディア、ネットコミュニケーションといったパブリックコミュニケーションの持つ意義と基本的な考え方を説明し、実践例やそれのもたらしたインパクトについて概観することで、現代社会が切り開こうとしている社会の在り方を提示。



第1章 パブリックコミュニケーションを知る
 0.はじめに
 1.Public CommunicationとPublic Relations
 2.市民メディアとパブリックコミュニケーション
 3.インターネットとパブリックコミュニケーション
 4.パブリックコミュニケーションをどうみるべきか
第2章 広報とは何か
 0.はじめに
 1.広報とは何か
 2.広報の起源と歴史
 3.広報とプロパガンダ
 4.行政と広報
 5.企業と広報
第3章 市民メディアの誕生と発展
 0.はじめに
 1.活字系市民メディアの推移
 2.映像系市民メディアの台頭
 3.ネットがもたらすあらたな展開
第4章 メディアとしての電子コミュニケーション
 0.はじめに
 1.パーソナルコンピューティングというメディア
 2.ネットワークの普及とコミュニティ意識の形成
 3.ネットワーク大衆化とボランタリズム
 4.電子コミュニケーションの力
第5章 企業広報、行政広報の実際
 0.はじめに
 1.メディアの構造変化とその影響
 2.企業広報の目的と役割
 3.広報活動の領域
 4.行政広報の目的、役割、活動
第6章 地域メディアは地域を変えるか?
 0.はじめに
 1.地域社会の現状と地域メディア
 2.地域社会の「多文化」化と多言語メディア
 3.地域ポータルサイトの現状と可能性
 4.地域コミュニティ創出を促すメディア
 5.地域デジタルアーカイブの動向
 6.おわりに
第7章 少子高齢化社会のパブリックコミュニケーション
 0.はじめに
 1.「もの言わない」現役生活者
 2.高齢者との間違いコミュニケーション
 3.情報装置はマスメディア
 4.「ものを言う」現役生活者たちへ
第8章 民主主義とインターネット:新しい取り組み
 0.はじめに
 1.インターネットと公職選挙法
 2.インターネット選挙の動き
 3.インターネット解禁後の民意集約
第9章 ネットコミュニケーションが作りだす新しい社会関係資本
 0.はじめに
 1.社会関係資本という考え方
 2.社会ネットワーク
 3.ネットワークのグローバル化
 4.情報化とネットワーキング
 5.ネットコミュニティ
 6.ネットと社会参加、政治参加
 7.ネットコミュニケーションと社会関係資本の課題

商品の詳細

ISBN: 9784779304996
判型:
ページ数: 138
ジャンル: 社会
刊行年: 2016年3月

AmigoDatabase - 管理