教育相談の理論と方法 会沢信彦編著 - 北樹出版の大学教科書

北樹出版の大学教科書

前のページにもどる

教育相談の理論と方法

教育相談の理論と方法
会沢信彦編著
価格: 1,800円+税

商品の紹介

コアカリキュラムを網羅した教育相談の理論と方法のテキスト。基礎基本知識を実践現場で活用しやすいよう事例を交えつつ丁寧に解説。「チーム学校」を機能させる教育相談を目指したテキスト。


●会沢信彦(アイザワ・ノブヒコ)
1965年茨城県水戸市生まれ。筑波大学第一学群人文学類卒業、茨城大学大学院教育研究科修士課程修了、立正大学大学院文学研究科博士課程満期退学。函館大学専任講師を経て、文教大学教育学部教授。明治大学文学部兼任講師、昭和音楽大学非常勤講師、尚絅学院大学非常勤講師。
日本生徒指導学会常任理事・関東支部会代表、NPO法人日本教育カウンセラー協会理事。
主著に『学級担任のためのアドラー心理学』(共編著、図書文化)、『学級経営力を高める教育相談のワザ13』(共編著、学事出版)、『アドラー心理学を活かした学級づくり』(編著、学事出版)など。



【目 次】
第1章 学校における教育相談の意義と課題(会沢信彦)
   1 教育相談とは
   2 教育相談の種類
   3 「人格の成長への援助」における教師の役割
   4 「教師の4ぢから」と教育相談
第2章 教育相談に関わる心理学の基礎的な理論(日潟淳子)
   1 心理療法とは
   2 精神分析の理論による心の理解
   3 行動主義心理学の理論による心の理解
   4 人間性心理学の理論による心の理解
   5 教育相談における心理療法の理論の活用
第3章 学校におけるカウンセリング(桑原千晶)
   1 学校におけるカウンセリングの特徴
   2 学校におけるカウンセリングの対象と担い手
   3 学校におけるカウンセリングの方法
   4 学校におけるカウンセリングの基礎となるもの:
     カウンセリング・マインド
第4章 カウンセリングの基本技法(佐藤哲康)
   1 学校現場でのカウンセリングとは
   2 学校カウンセリングの方法
   3 受容的な態度で話を聴く
   4 話を引き出す工夫
   5 学校カウンセリングの環境と雰囲気づくり
第5章 教育相談におけるアセスメント(大島朗生)
   1 アセスメントのための情報収集の基本
   2 アセスメントの基本
   3 児童生徒の心理アセスメントの基本
   4 児童生徒の不適応問題をアセスメントする
   5 学校心理学の視点からアセスメントする
第6章 幼児期の発達課題と教育相談(馬場康宏)
   1 幼児期の教育相談の意義
   2 幼児期の教育の特徴
   3 幼稚園における教育相談
   4 幼児期の発達特徴
第7章 児童期の発達課題と教育相談(梅津直子)
   1 児童期という時期
   2 児童期の発達課題
   3 児童期の自己の発達
   4 児童期の認知の発達
   5 児童期の仲間関係の発達
   6 道徳性の発達
第8章 思春期・青年期の発達課題と教育相談(遠山久美子)
   1 思春期・青年期の発達課題と理解
   2 思春期・青年期の揺れと見たて
   3 思春期・青年期の教育相談
   4 思春期・青年期の現代的課題と教育相談
第9章 いじめ問題への対応(田中將之)
   1 いじめとは
   2 いじめに備える
   3 いじめへの対応
第10章 不登校(園)と教育相談(岩瀧大樹)
   1 今日までの不登校
   2 不登校の理解に向けて
   3 不登校の予防に向けて
   4 不登校経験者から学ぶこと
第11章 保護者支援と教育相談(小林麻子)
   1 教育相談における保護者とのかかわり
   2 コミュニケーション
   3 教師と保護者のコミュニケーション
   4 援助的なコミュニケーションを使った保護者支援
第12章 学級担任が行う教育相談(原田友毛子)
   1 より良いクラスづくりのために
   2 「いいとこさがし」ができるしくみづくり
   3 集団活動のなかで個別対応をする工夫
第13章 学校全体で進める教育相談(中村正巳)
   1 組織的な取り組みの必要性
   2 校内組織体制とさまざまな役割
   3 チーム支援と校内連携のポイント
   4 チーム支援の進め方
第14章 スクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカーの役割(亀田秀子)
   1 スクールカウンセラー配置の背景とスクールカウンセラーの選考
   2 スクールカウンセラーの職務と役割
   3 スクールソーシャルワーカー導入の背景と
     スクールソーシャルワーカーの選考
   4 スクールソーシャルワーカーの職務と役割
第15章 専門機関との連携(水國照充)
   1 専門機関との連携の意味
   2 教育領域の専門機関との連携
   3 医療保健領域の専門機関との連携
   4 福祉領域の専門機関との連携
   5 その他の領域の専門機関との連携
   6 より良い連携を図るために

商品の詳細

ISBN: 9784779305986
判型: A5並
ページ数: 170
ジャンル: 心理
刊行年: 2019年04月05日

AmigoDatabase - 管理