グローバル時代の宗教と情報 保阪俊司著 - 北樹出版の大学教科書

北樹出版の大学教科書

前のページにもどる

グローバル時代の宗教と情報

グローバル時代の宗教と情報
文明の祖型と宗教
保阪俊司
価格: 2,200円+税

商品の紹介

グローバル時代の危機管理のひとつとして、宗教に関する正確な情報・知識の重要性を論じ、特に比較文明学の方法論を用いて、現代社会の理解を宗教の側面から試みる。第1部では代表的宗教の基礎知識を抑え、第2部では現代の宗教問題を、国民国家、グローバリズム、近代資本主義経済等のトピックと関連づけて解説する。



序 グローバル時代の宗教と情報

第1部 宗教とは何か
 1 宗教と文明
 2 キリスト教とは何か
 3 イスラム教とは何か
 4 ヒンドゥー教とは何か
 5 仏教とは何か
 6 儒教という宗教
 7 日本と宗教

第2部 トピックス―現代の宗教問題
 1 文明の祖型としての宗教―宗教と文明と情報
 2 民族・民族主義、国民国家、グローバリズム
 3 宗教民族主義の時代と危機管理
 4 イスラム台頭の時代とは
 5 近代文明と近代資本主義経済
 6 インド哲学と経済学の出会い
 7 仏教政治思想とその現れ
 8 インド思想における可能性を巡って
 9 中華思想と孫悟空―中国の暴走は制御可能か?
 10 文明論から見た天皇制

商品の詳細

ISBN: 9784779305887
判型: A5並
ページ数: 214
ジャンル: 哲学・倫理・宗教
刊行年: 2018年10月25日

AmigoDatabase - 管理