はじめての地域づくり実践講座 石井大一朗編著 - 北樹出版の大学教科書

北樹出版の大学教科書

前のページにもどる

はじめての地域づくり実践講座

はじめての地域づくり実践講座
全員集合!を生み出す6つのリテラシー
石井大一朗編著
霜浦森平編著
藤井多希子・田中求・桑島英理佳・土崎雄祐・徳田太郎
価格: 2,000円+税

商品の紹介

人口減少社会における地域づくりに必要な視点と手法をわかりやすく解説するガイドブック。1960年代以降の日本における地域づくりの流れをおさえた上で、オープンアクセスな人口データで地域の未来を見通す方法、対話を育むファシリテーション術、主体形成プロセスの技法など、6つのリテラシーを実例をもとに解説。住民自治組織のイノベーションや都市農村交流など最新事例も。章末のQ&Aも必読。

石井大一朗 (宇都宮大学地域デザイン科学部准教授)
霜浦 森平 (高知大学地域協働学部准教授)
藤井多希子(政策人口研究所代表理事)
田中  求 (高知大学地域協働学部講師)
桑島英理佳 (宇都宮大学基盤教育センター特任助教)
土崎 雄祐 (宇都宮大学地域連携教育研究センター特任助教)
徳田 太郎 (日本ファシリテーション協会フェロー)



序 章 地域づくりニューリーダー論
   −−だれもが地域づくりの仲間となるために
 1 地域づくり先発地、「地方」からの教え
 2 地域づくりは課題解決より“主体形成”
 3 誰もがリーダーになる、あるいはリーダー不要な時代の地域づくり
 4 “対話と協働”の視点から読み解く地域づくりの歴史
 5 今、これからの地域づくりのリテラシー
  −−誰もが地域づくりの仲間となるための6つの視点


第1章 未来を見通す
 1 「地域をデータでみる」ことの重要性
 2 超高齢・定常的人口減少社会とはどのような社会か
 3 地域を知るために人口データの見方を知る
 4 人の「対流構造」について考える
 5 テーマ別に有効な指標のセット例
 6 未来を見通す技術−−未来を創るのは人である
 7 おわりに−−人口データを扱うときのコツ
〔もっと知りたい!Q&A @データ分析〕
  Q1 日本全体の人口移動の特徴は?
  Q2 「e-Stat」の500mメッシュとは?
  Q3 地域の人たちの時間の使い方がわかる統計データはありますか?


第2章 地域資源を捉える
 1 地域資源をめぐる近年の動向
 2 地域資源としての和紙の特質
 3 和紙製造技術の無形文化遺産登録にみる問題点
 4 地域のあり方を探るカギとしての地域資源
 〔もっと知りたい!Q&AA地域資源〕
  Q1 地域資源に欠かせない要素とは?
  Q2 空き家も地域資源でしょうか?
  Q3 資源の価値を共有するために必要なことは?
  Q4 他にも地域資源の事例はありますか?


第3章 プロセスを支える
 1 地域づくりは主体形成から始まる
 2 住民の主体性を育むための視点
 3 地域づくりのプロセスをつくる
 〔もっと知りたい!Q&AB地域づくりのプロセス〕
  Q1 協働の地域づくりとは?
  Q2 若者も参加したくなるには?
  Q3 お金がかかりそう……。


第4章 対話と熟議を育む
 1 話しあいのモード―対話/熟議という考え方
 2 ワークショップとファシリテーション
 3 対話/熟議の「準備」における働きかけ
 4 対話/熟議の「進行」における働きかけ
 5 さらなる対話/熟議に向けて
 〔もっと知りたい!Q&AC対話の場づくり〕
  Q1 会議のやり方を変えるには?
  Q2 字が下手だとファシリテーターはできない?
  Q3 熟慮の力を鍛えるには?


第5章 組織のかたちをつくる
 1 つぶやきを育む地域づくり
 2 地域づくり組織とその特徴(趣味・サークル団体、自治会、“法人化する必要性”が訪れるとき、法人の種類:どれを選択するか)
 3 新たな展開へ−−誰もが地域経営に参画する地域運営組織
 〔もっと知りたい!Q&AD組織のかたち〕
  Q1 性格の違う組織が持続的に協働していくためには?
  Q2 人材育成のプロセスや成果とは?
  Q3 「地域限定NPO」とはどういうものですか?
  Q4 地域の意見を集約する難しさをどう乗り越えられるでしょうか?

第6章 都市と農村をつなぐ
 1 四万十川流域の農村ツーリズム
 2 「四万十すみずみツーリズム」の取り組み
 3 「すみずみツーリズム」による地域経済効果
 4 農村ツーリズムによる地域づくりの方向性
 〔もっと知りたい!Q&AE都市と農村の交流〕
  Q1 四万十すみずみツーリズムのきっかけは?
  Q2 ローカルフードシステムのポイントは?
  Q3 都市と農村の交流をもっと進めていくには?
  Q4 農村ツーリズムのコーディネーターに必要なスキルや経験とは?


(コラム)
 1-1 合計特殊出生率と人口置換水準
 2-1 中小企業地域資源活用促進法
 2-2 地域資源は誰のものか
 3-1 住民同士のイノベーションを誘発させる
 3-2 コミュニティ・ワークショップ
 4-1 熟議民主主義
 4-2 コミュニティ・オーガナイザー、コニュニティ・デザイナー
 4-3 プログラム・デザインとタイムキープ
 5-1 人間の欲求
 5-2 こんな運営方法も!:世話人方式のメリット
 5-3 複数コミュニティへの所属と健康度
 5-4 自治会成立の歴史
 5-5 地域住民「限定」のNPO法人
 5-6 その法人を選んだワケ
 5-7 地域運営を行うための新たな法人制度
 6-1 「地域経営体」とは
 6-2  農村ツーリズムの課題
 6-3  農村ツーリズムの動向
 6-4  農村ツーリズムに対する意識調査

商品の詳細

ISBN: 978-4-7793-0574-0
判型: A5並
ページ数: 208
ジャンル: 社会, その他
刊行年: 20180425

AmigoDatabase - 管理